ここから本文です

宇治の老舗辻利、スタンドが大阪初進出

Lmaga.jp 5月17日(火)8時0分配信

創業1860年、宇治茶中興の祖といわれる「辻利」。京都の四条に続く2号店が、「エキマルシェ大阪」(大阪市北区)にオープンし、京都に行かずとも大阪で抹茶ドリンクやスイーツを楽しめると注目を集めている。

抹茶のラスクや生八つ橋などお土産品も販売

マーケティング担当者によると「京都店には、大阪から足を運んでくださるお客様も多いため、より身近に楽しんでいただきたい。そんな思いから、関西の玄関口・大阪でのオープンに至りました」とのこと。

大阪店はスタンド形式となるが、京都店同様に、ソフトクリーム、スムージー、抹茶ラテから、ティードリッパーで淹れたほうじ茶、煎茶までラインアップ。今後は、夏期限定でほんのり甘いグリーンティーなど、季節ごとのメニューも展開予定だとか。通勤、通学に利用の多い梅田の、ひと息つける新スポットとして覚えておきたい。

取材・文/浅野はるか

最終更新:5月17日(火)8時0分

Lmaga.jp