ここから本文です

高畑充希、神山健治監督の最新作『ひるね姫』主人公ココネ役の声優に! 映像も解禁

クランクイン! 5月17日(火)5時30分配信

 高畑充希が、『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』を手掛けた神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の主人公、森川ココネ役の声優を務めることがわかった。高畑がアニメ映画の声優を務めるのは本作が初であり、声優発表と併せて特報映像も解禁された。

【関連】「高畑充希」フォトギャラリー


 高畑は、これまでテレビアニメーションには2度出演の出演経験があるが、アニメーション映画は初挑戦。本作のオファーについて「表情は自分じゃないのでとても難しいです。オファーを受けた時は嬉しかった半面、私は自分の声はクセが強いように感じているので『私でいいんだろうか』とも思いました」と、少しだけ不安がよぎった様子。だが「神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と出演に対しての意気込みを語る。

 岡山県倉敷市児島を舞台にしていることから、高畑は本作で岡山弁を披露することなる。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と、方言の難しさは口にするもののやる気十分。自身の声が収録された特報映像については、「ココネちゃんはみんなが愛せる、“かわいすぎない”キャラクターで親近感があります。舞台となる岡山の風景も美しくて、行ってみたくなりました」とコメント、本作に魅了されたようだ。

 特報映像では美しいピアノの旋律の中、瀬戸大橋のふもと、岡山県倉敷市児島で自動車整備工を営む父親と二人暮らしをする主人公・森川ココネが、授業中の居眠りで先生に叱られ、みんなの笑いものになるところから始まる。そのココネが最近いつも見る不思議な夢が、自身の家族の秘密につながるというイメージを、高畑のナレーションとともに描かれている。

 映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年全国公開。

最終更新:5月17日(火)5時30分

クランクイン!