ここから本文です

東山紀之、藤沢周平役で松たか子と初共演!蜷川幸雄さんは「天国でダメ出し」

クランクイン! 5月17日(火)6時0分配信

 東山紀之が、特別企画ドラマ『ふつうが一番 ‐作家・藤沢周平 父の一言‐』で藤沢周平役を演じることがわかった。原作は、藤沢周平の娘でエッセイスト・遠藤展子の『藤沢周平 父の周辺』(文春文庫刊)、『父・藤沢周平との暮らし』(新潮文庫刊)であり、藤沢の後妻となる小菅和子役を松たか子が演じる。東山と松は、本作が初共演となる。

【関連】「松たか子」フォトギャラリー


 本作は、東山演じる藤沢周平が小菅留治の本名で小説家になることを夢見ながらた昭和38年頃、1人娘の展子を残し妻に先立たれ、母・たきゑと慎ましく暮らしていた時代から、松演じる後の妻・小菅和子との再婚、そして昭和48年に直木賞を受賞するまでの家族との日々を描いたヒューマンドラマ。共演には周平の母・たきゑに草笛光子ほか角野卓造、佐藤B作、前田吟らの演技派が揃う。

 主演の東山は「藤沢周平先生は、とても偉大な作家で、俳優であれば先生の作品を一度はやってみたいと考えている方が多いと思います」とコメントを寄せる。また、舞台は違えど、藤沢と同じく“偉大”という表現が当てはまる、先日亡くなった演出家・蜷川幸雄さんに思いを馳せ「藤沢周平先生の役もきっと喜んでくださっていると思いますし、天国でダメ出ししながら見て下さると思います」と語る。東山にとって、同役を演じることは「僕が蜷川さんに気持ちを引き上げていただいたのと同じように、この役を演じることでさらに視野が広がっていくのではないかと思っています」と言い、「できればその辺りも蜷川さんに見ていて欲しかった」と言葉を結んだ。
 
 同作で初共演となる東山について松は、「結婚を申し込まれる長いシーンのリハーサルの時、東山さんと向かい合ったら、ずっとセリフが出てきた瞬間があってとても不思議な気がしました」と語る。「ご一緒しているときの空気が滑らかな感じがして、勿論緊張はしているのですが、とても安心感がありました」と、初共演だったものの不思議なほど安心感を持って演じることができたようだ。
 
 ドラマ特別企画『ふつうが一番 ‐作家・藤沢周平 父の一言‐』はTBS系にて、今夏放送予定。

最終更新:5月17日(火)6時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。