ここから本文です

NHK朝ドラ『べっぴんさん』高良健吾、菅野美穂、ももクロ百田ら豪華出演者が発表

クランクイン! 5月17日(火)15時35分配信

 10月より放送されるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の出演者発表会が16日、NHK大阪放送局で行われ、ヒロインの芳根京子をはじめ、生瀬勝久、菅野美穂、蓮佛美沙子、高良健吾、ももいろクローバーZの百田夏菜子らキャスト陣が集まった。

【関連】芳根京子が登壇『べっぴんさん』ヒロイン取材会<フォトギャラリー>


 本作は戦後の神戸や大阪を舞台に、娘のため、女性のために子供服作りにまい進したヒロイン・板東すみれと、その周囲の人々が共に夢に向かって駆け抜ける姿を描く。 今回の出演者発表会には芳根、生瀬、菅野、蓮佛、高良の他、ネプチューンの名倉潤、谷村美月、土村芳、中村玉緒が出席した。

 すみれの女学校時代の同級生で会社の創設メンバー・多田良子役の百田は「今私がここにいることがすごく不思議」と心境を吐露しつつ「見てくださる方が毎朝楽しみに起きれるようなドラマになるよう、精いっぱい頑張っていきたいです」と意気込む。また、すみれの幼馴染・野上潔役の高良は、出演した朝ドラ『おひさま』を振り返り「この戦後の時代に日本をつくってくれた先輩たちをまた演じることができて、とても光栄です」と喜びを語った。
 
 すみれの母親役を演じる菅野は1995年の大阪放送局制作の朝ドラ『走らんか!』に出演しており、「今回は母親役ということで、20年の時の長さにクラクラしています」とコメントし笑いを誘う。そんな中、芳根は「このような豪華で素敵なキャストの皆様と、約10ヵ月、精いっぱい1日1日を大切にして、駆け抜けていきたいなというふうに思います」と共演者を迎え、気を引き締めていた。

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』はNHK総合にて2016年10月3日より放送スタート。

最終更新:5月17日(火)15時35分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。