ここから本文です

ドジャース前田、タイムリーで打点1もメジャー最短の4回降板…4戦勝ちなしの3敗目

ベースボールキング 5月17日(火)15時13分配信

● ドジャース 6 - 7 エンゼルス ○
<現地時間5月16日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースの前田健太は現地時間16日(日本時間17日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発登板。2回にバットの方でタイムリーを放つ活躍を見せるも、投げては4回まで5安打、4失点と試合を作ることが出来ず。チームも敗れてシーズン3敗目(3勝)を喫した。

 4月は衝撃的なデビューを飾ったが、ここ3試合は白星から見放されている前田。この日は立ち上がりを3人で斬る好スタートを見せると、まずはバットで魅せる。

 2回裏、ドジャースは二死からチャンスを作り、クロフォードの適時打で先制。なおも二死一、二塁から、前田がレフトへ適時打。開幕戦で放った本塁打以来となるメジャー2本目の安打で自らを援護した。

 ところが直後の3回表、先頭のペレスに二塁打を浴びると、一死からペティットに適時打を許して1点差。さらにエスコバルの安打と四球で満塁とし、続くトラウトにレフトへと運ばれる2点適時打。逆転を許してしまう。

 なおも一死一、二塁からプホルスにも適時打を許し、この回だけで4失点。強力打線の勢いに飲み込まれた。

 4回は四球で走者を出しながらも、アウトは全て三振で奪って無失点。この時点で球数は73球と余力はあったが、ここまでで降板となった。


 試合は4回裏にドジャースが1点を返して3-4と迫るも、7回にリリーフがつかまり3失点。8回にはトンプソンに2ランが飛び出すなど追い上げを見せたが、反撃は及ばず。6-7で敗れた。

 前田はこれで今シーズンの3敗目(3勝)を喫し、防御率は2.87。被安打5、与四球が2、奪三振5つで4失点という内容。これで4試合勝ち星なしと苦しい戦いがつづく。

BASEBALL KING

最終更新:5月17日(火)16時13分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。