ここから本文です

【完全レポ】たくましくなったandrop、新曲も披露のツアー東京公演を目撃!

RO69(アールオーロック) 5月17日(火)9時20分配信

andropが、5月15日に全国ツアー「androp one-man live tour 2016 “Image World”」の東京公演をZepp Tokyoで開催した。RO69では、この模様を写真とレポートでお届けする。

--------------------------

ここまで愛知、福岡、大阪をまわってきたone-man live tour 2016 "Image World"の東京公演。アルバムのリリースツアーでないことからある程度事前に予想はできたものの、やはり明確な意図と想いが込められた貴重なセットリストが用意されていた。ツアーは5月22日仙台での最終公演を残しているため曲目の列記は控えるが、特に印象的だった数曲のみ触れてレポートしたいと思う。

今回のツアータイトルとなっている「Image World」は、内澤崇仁(Vo・Gt)が上京前に音楽の世界に生きる決意を込め作曲し、その後バンドが最初に合奏することとなった記念すべき楽曲“Image Word”を基に名付けられたもの。MCで内澤は、「先日iPhoneを無くし昔のガラケーを再び使い始めたところ、andropを立ち上げた頃や“Image Word”を書いた頃の目標や考えが未送信のメール保存フォルダにメモとして残っていて、それが1つずつ実現していた。かつては意味を持っていなかった言葉(word)が、andropの活動を経て1つの世界(world)を作った」という趣旨のことをややたどたどしく、しかし丁寧に説明していた。具体的な内容の明言はなかったが、彼らは今後この「Image World」から、新しいものや楽しいものを発信していくとのことで、その第一歩がこのツアーなのだという。

では、なぜ今彼らはそのような新たなスタートを切ったのか。それはやはり、最新作『androp』とその後のツアーにおける解放の季節を過ごしたことが大きいのだろう。頭文字で「androp」を刻んだ『anew』、『note』、『door』、『relight』、『one and zero』、『period』というアルバム6枚、7年間の歩みは、内澤の理念や思想が肉体を得るまでの、つまり4人がロックバンドという1つの生物となるまでの物語だった。それゆえその次の一手『androp』は、それまでにない次元の躍動感に包まれた作品となっていた。生まれ変わった肉体性を謳歌していた。
そんな今のandropだからこそ、初期の楽曲を演る意義は大きい。音圧とグルーヴの強度が音源とはまるで別モノなのだ。例えば、“Glider”。獰猛に暴れまわる大蛇のようなベースに、過剰なまでのフィルまわしで暴れまくるドラム。ほとんどジョン・エントウィッスル&キース・ムーンと化したリズム隊を、内澤の歌と繋げる冷静かつ正確なギター。紛れもなくこれがこの楽曲の1つの完成形、そう思えるほどに歪でいて美しいロックソングのフォルムを有していた。
元々andropの楽曲は、内澤の真水のように透き通ったメロディと歌唱がどんな世界で生まれたものなのか、つまり彼が世界をどのように見ているかを表現するための装置として機能してきた。理想を掲げる根拠としてのタフな現実を音に落とし込んできた。その働きが極限まで高い純度に達したことにより、内澤の歌もまた新たな顔を見せ始める。それが端的に示されたのが、“Astra Nova”だ。内澤の弾き語りから徐々に音数が足されていく、彼らにしてはシンプルで分かりやすいアレンジが施されたこの曲。根拠を必要とせずに真っ直ぐな歌唱でメッセージを伝えること、恐れずにそれを出来るようになったのは頭と体が、自らの思想とバンドとが一体化したからである。蠱惑的なギターリフのループからキメを挟んでキャッチーなコーラスへ展開するギターロックナンバーとなっていた新曲でも、歌唱と各楽器の有機的な繋がりによってリリックが前に前にと発射されているような推進力を有していた。

今日のハイライトを担ったのは“MirrorDance”。元々兵器じみた即効性と中毒性を持つ曲だったが、それだけでサウンドが成立するほどにビートが強化されたことで、自由に歌い回しを調整しアジテートを挟む余裕がヴォーカルに生まれた。その結果、異様な祝祭感を纏った1段階上の次元のアンセムとなっていたのだ。そしてフロアもまた、床が抜けるのではないかと心配になるほどのステップでバンドの進化を祝福。様々な意味によって彩られたライブの中でさえ、あまりの楽しさに頭が空っぽになってしまう至高の数分間だった。なお、10月からは秋のツアー「one-man live tour 2016」が開催される。(長瀬昇)

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月17日(火)9時20分

RO69(アールオーロック)