ここから本文です

独BMW 7シリーズに新開発ディーゼルとPHV設定

carview! 5月17日(火)12時30分配信

独BMWは16日、7シリーズのラインアップに新開発3リッター直列6気筒ディーゼルターボ搭載モデル「750d xDrive」「750Ld xDrive」と、プラグインハイブリッドモデルの「iPerformance」モデル3タイプを設定し、今夏発売すると発表した。

【BMW 7シリーズの写真をもっと見る】

750dにこれまで搭載されていたエンジンは3リッター直列6気筒トリプルターボだったが、新たに排気量とシリンダー数はそのままにターボチャージャーを4つに増やしたクアッドターボエンジンを搭載する。

最高出力は400hp、最大トルクは760NmとBMWのディーゼルエンジン史上最強。さらにこのエンジンは高回転域まで力強さを維持するとのこと。0-100km/h加速は4.6秒(ロングボディ仕様750Ld xDriveの0-100km/hタイムは4.7秒)を誇る。燃費は5.7-5.9L/100km(16.9-17.5km/L)。

BMWは過日、プラグインハイブリッドモデルを「iPerformance」と名付けていくことを発表したが、7シリーズには3タイプのiPerformanceモデルを設定する。標準ボディの「740e iPerformance」、ロングボディの「740Le iPerformance」、そしてロングボディ+4WD仕様の「740Le xDrive iPerformance」だ。

パワーユニットは共通で、2リッター直列4気筒ターボエンジン(258hp)に電気モーター(113hp)を組み合わせる。システム最高出力は326hpとなる。

標準タイプの0-100km/h加速タイムは5.4秒で、ロングボディ仕様は5.5秒、ロングボディ+4WD仕様は5.3秒となる。プラグインハイブリッドということで注目のEV走行可能距離は44-48km。ロングボディ・4WD仕様でも41-45kmの航続が可能という。

株式会社カービュー

最終更新:5月17日(火)12時30分

carview!