ここから本文です

富士通テン、通信型ドラレコを用いた安全運転管理サービスを発売

carview! 5月17日(火)14時10分配信

富士通テンが、安全運転を支援する「安全運転管理テレマティクスサービス」を発表し、6月1日より発売する。また、5月19日~20日に開催される「富士通フォーラム2016」にも出展する。

【写真をもっと見る(6枚)】

このサービスは、富士通グループの自動車向けクラウド基盤・ビッグデータ解析技術と、これまで蓄積してきた業務用ドライブレコーダーのノウハウを組み合わせることで、運行管理者を設けていない営業車やサービス車などを保有する企業においても、簡単リーズナブルに安全運転管理が行えるもの。

具体的には、ドライブレコーダーとクラウドが連携することで、車両のふらつきや前方車両との距離、急ハンドルなど、各ドライバーの運転状況を解析し、安全運転の診断書を自動で作成したり、ランキング表示したりすることができる。また、この診断結果からポイントごとに詳細な分析と改善点を自動でコメントする。

さらに事故リスクの高いヒヤリハット地点を見える化し、各車両のドライブレコーダーの音声ガイダンスで注意喚起を行う。

搭載されるドライブレコーダーはGPSを使用して測定する一般的なものとは異なり、車両から直接車速データを取得するため、より高精度な運転の挙動把握ができる。

月額サービス利用料(SDS-T500)は2,200円/台・月。車載機(DRU-T500・本体パッケージ)やDCM-T500(通信ユニット)、ICR-T500(ICカードリーダー)はそれぞれオープン価格となる。

■富士通フォーラム2016(入場無料)
テーマ:「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」
会期:2016年5月19日(木)・20日(金) 10時~18時
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/04/4-2.html

株式会社カービュー

最終更新:5月25日(水)11時57分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]