ここから本文です

2017年に100歳を迎える〈井の頭公園〉の映画『PARKS』製作スタート!/東京

Webマガジン コロカル 5月17日(火)18時50分配信

コロカルニュースvol.1683

2017年に100歳を迎える、東京・吉祥寺の〈井の頭公園〉。たくさんの人の思い出の場所となってきたこの公園が、2017年、映画になります。映画のタイトルは『PARKS』。監督は瀬田なつきさん、音楽監修はトクマルシューゴさんです。

【写真ギャラリーで見る】2017年に100歳を迎える〈井の頭公園〉の映画『PARKS』製作スタート!/東京

『PARKS』が作られることになったきっかけは、閉館した吉祥寺の名物映画館〈吉祥寺バウスシアター〉のオーナー、本田拓夫さんが、映画配給会社〈boid〉にかけた、「吉祥寺と井の頭公園の映画を作りたい」という一本の電話からでした。

井の頭恩賜公園100年実行委員会100年事業企画として実現されたこの映画は、街と公園の映画。主役は、吉祥寺というまちそのものや、井の頭公園!そこに集い、その空気を呼吸し、それぞれの時間を生きる人々の、さまざまな過去や現在や未来が詰め込まれた映画になるのだそう。

映画の公開は2017年春テアトル新宿、その後順次全国公開を予定。それまでは定期的にフリーペーパー『PARKS』が制作され、吉祥寺のお店や都内映画館などに配布されるのだそう。『PARKS』はネット上からもダウンロードできます。

そんな映画『PARKS』の、撮影エキストラをただいま募集中! 2016年5月30日(月)にてライヴハウスの観客役撮影が行われます。主人公たちのバンドが、井の頭公園の100歳イベントのライブに出場するシーンです。募集の詳細は〈boid〉のWebサイトにて。また、30日の他にも公式facebookなどでエキストラを随時募集。ご興味ある方はぜひチェックを。

information
映画『PARKS』
監督:瀬田なつき
音楽監修:トクマルシューゴ
製作:本田プロモーションBAUS
製作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:boid
宣伝:VALERIA


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:5月17日(火)18時50分

Webマガジン コロカル