ここから本文です

なつかしの日本のパンをテーマに開催!〈第9回 青山パン祭り〉/東京

Webマガジン コロカル 5月17日(火)17時45分配信

コロカルニュースvol.1682

ハードブレッドもいいけれど、キツネ色のコッペパンや焼きそばパンのような日本のパンが好き!という方も多いはず。

【写真ギャラリーで見る】なつかしの日本のパンをテーマに開催!〈第9回 青山パン祭り〉/東京

2016年5月28日(土)29日(日)の〈青山パン祭り〉は、そんな“日本のなつかしパン”をテーマに開催されます。

青山パン祭りは、東京・青山の国際連合大学前広場に2万人が訪れる、東京最大級のパン祭り。同地で毎週開催されているマーケット〈Farmer's Market at UNU〉のなかで2013年から始まり、次回で9回目を迎えます。

当日は、コッペパン専門店〈iacoupe〉や〈三浦パン屋 充麦〉〈カタネベーカリー〉〈ルヴァン〉〈リュミエール ドゥ ベー〉など、両日ともに約40のお店が並びます。楽しみなのは、パン祭りを主催するBread Labが“自分たちが食べたいパン”を集めた「購買部」!

神奈川・川崎〈OLIVE CROWN〉の 昭和香るコンビーフコッペや群馬から〈グンイチパン〉のメロンパン、東京・三宿〈Boulangerie BONNET DANE〉の あんバターあんぱんなど、なつかしの惣菜パンや菓子パンが並びます。学校の購買部をイメージしているのだとか。

Bread Lab、渾身のオリジナルパンは、1日限定200食の「片目焼きそばパン」。

カタネベーカリーの片根シェフによる青海苔入り食パンに、以前コロカルにもご登場いただいた〈レフェルヴェソンス〉生江シェフ監修の“想い出の片目焼きそば”をのせて登場します。

近頃、なつかしのパンたちがモダンに進化しているのだそう。さらに、進化しているのはパンだけではありません。以前コロカルでもご紹介した鳥取県智頭町にある〈タルマーリー〉さんは、なんと天然菌でのビールづくりに挑戦しているのだとか!

4月、パン祭りのスタッフのみなさんが智頭町を訪れると、ビールには欠かせないホップの芽が伸びていたそう。次回のパン祭りでは、できたてのビールを販売します。自然豊かな智頭町で生まれた、タルマーリーならではのビール。ぜひ飲んでみたいですね!

会場では、マーケット〈Farmer's Market at UNU〉も同時開催。また、Bread Labから生まれたパン好きのための本『CRAFT BAKERIES』も発売中です。こちらもぜひ手にとってみてくださいね!

information
青山パン祭り
開催日:2016年5月28日(土)、29日(日)
時間:10:00~16:00
会場:国際連合大学前広場(Farmer's Market @ UNU 中庭)
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70
主催:Bread Lab/メディアサーフコミュニケーションズ株式会社/NPO法人Farmer's Market Association
Web:〈青山パン祭り〉


writer profile
Yu Miyakoshi
宮越裕生
みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:5月17日(火)17時45分

Webマガジン コロカル