ここから本文です

チャンWHO事務局長“一つの中国”強調 台湾「一方的だ」

中央社フォーカス台湾 5月18日(水)12時31分配信

(台北 18日 中央社)世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は17日、今月23日からスイス・ジュネーブで開かれる総会に台湾がチャイニーズ・タイペイ(中華台北)の名称で出席することについて、「国連と総会の決議、一つの中国の原則に基づく」との認識を強調した。外交部は同日、「WHOの一方的な立場の表明だ」として、台湾側の立場を改めて伝えたとしている。

チャン氏が台湾の総会出席について公の場で発言をするのは、今回が初めて。

外交部は、両岸(台湾と中国大陸)は馬英九政権下で「92年コンセンサス(九二共識)」と「一つの中国、それぞれの立場表明」を基礎に、実務的に問題に対応してきたと説明。中華民国が総会に出席する意義、価値、貢献は、国民と国際社会から評価されていると語った。

(戴雅真、江今葉/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月18日(水)12時31分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。