ここから本文です

台湾・中山大学、「李登輝政府研究センター」設置検討

中央社フォーカス台湾 5月18日(水)16時7分配信

(高雄 18日 中央社)国立中山大学社会科学院(高雄市)が「李登輝総統政府研究センター」の設置を予定していることが分かった。楊弘敦校長(学長)ら関係者は17日、李登輝元総統を訪問。計画について話し合ったとみられる。

同大では2003年に「李登輝博士政経講座」を開設。フォーラムや講演活動などを行っていたが、限られた資料の中で、国家運営の理念や政策についてまとまった分析ができず、政界に提言ができなかったとしている。

センターでは資料の収集や研究に注力するほか、政策に関するシンクタンクを設け、研究支援や人材育成を通じ高雄の産業促進と国際化などにつなげたいとしている。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月18日(水)16時7分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。