ここから本文です

地産地消推進20年 串間自主生活学校

宮崎日日新聞 5月18日(水)11時5分配信

 串間の食材を食卓に-。串間市の串間自主生活学校(竹下津代委員長、20人)は、地元産の旬の食材を取り入れた料理の推進活動を20年近く続けている。健康や環境保全を考え、地産地消という言葉がまだ一般的でないころから取り組んできた。竹下代表は「串間は鮮度の良い農水産物が豊富。地元の食材を使うことで安心・安全に食べられる」と話す。

宮崎日日新聞

最終更新:5月18日(水)11時5分

宮崎日日新聞