ここから本文です

保育士不足で死亡事故発生、(有)トム・インターナショナル・スクールが破産開始決定

東京商工リサーチ 5月18日(水)11時32分配信

 (有)トム・インターナショナル・スクール(TSR企業コード:296331406、法人番号:7013302019873、豊島区東池袋1-22-5、設立平成17年3月、資本金10万円、赤堀道子社長)は5月11日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人は小沢年樹弁護士(城北法律事務所、豊島区西池袋1-17-10、電話03-3988-4866)が選任された。
 負債は現在調査中。
 0歳児から幼児までを対象とした保育園、幼児英語教室、英会話スクールを事業展開。保育園事業では「トム保育園」として0歳からのバイリンガル教育として大卒外国人講師が教育に携わり、一時は都内でも保育所不足の環境もあり、認可外保育施設として人気を得ていた。
 幼児英語教室・英会話スクールは「トム英会話学院」としてイギリス人やアメリカ人のネイティブスピーカーをそろえ、オリジナルカリキュラムを使って、一時は月間500名近くのこどもたちが学んでいると紹介されていた。これらの事業によって、平成27年3月期には売上高約8000万円をあげていた。
 しかし、保育園事業において東京都福祉保健局から有資格者の配置不足および保育室の面積不足を指摘されていたが、改善勧告に従わず、平成27年2月には保育施設としての基準遵守に対する理解や意欲が乏しいとして東京都から再度の勧告を受け、改善が図られない状態が続いてきた。こうしたなか、27年2月5日、保育園内で2歳児の死亡事故が発生し信用を大きく失墜。事業継続は難しくなり、以降、運営を休止していた。

東京商工リサーチ

最終更新:5月18日(水)11時32分

東京商工リサーチ