ここから本文です

マカオのカジノ売上、緩やかな回復続く…2022年頃に過去最高水準まで戻す=金融大手CLSA見通し

マカオ新聞 5月18日(水)13時27分配信

 マカオでは5月17日にアジア最大規模のカジノ見本市「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア2016」が開幕。同日開催された業界関係者向けセミナーに国際金融大手CLSAのコンシューマー・ゲーミング(カジノ)リサーチ部門総監、アーロン・フィッシャー氏が登壇し、マカオのカジノ市場の今後の見通しについて講演を行った。

 フィッシャー氏によれば、昨年(2015年)対前年34%もの大幅なマイナスを記録したマカオの年間カジノ売上について、今年(2016年)も対前年で1%程度のマイナスとなるものの、来年(2017年)には上昇に転じるとの予測。また、その後は緩やかな回復になるだろうとし、過去最高となる3600億パタカ(日本円換算:約4.9兆円)を記録した2013年水準にまで戻すのは2022年または2023年頃との見通し。

 かつてマカオのカジノ売上は大半をVIPルームに依存してきたが、近年ではマスのシェアが急拡大している。フィッシャー氏はマカオでは今後もマスをターゲットとした大型IR(統合型リゾート)の開幕が相次ぐことから、2020年にもマスの売上がVIPルームを上回るとの予想を示した。具体的には、マカオのカジノ売上に占めるマスの比率は2012年の27%から2020年には58%に達するとしている。

 マカオは面積約30平方キロ、人口約64万人の小さな街だが、海外(中国本土、香港、台湾を含む)から年間3000万人を超える旅客が訪れるアジア有数の観光都市として知られる。市内には大小合わせて36軒のカジノ施設が建ち並び、ラスベガスを大きく上回る世界一のカジノ売上規模を誇る。

最終更新:5月18日(水)13時27分

マカオ新聞