ここから本文です

九州5県のキャラあしらった飛行機就航へ ソラシドエアの地震復興支援

乗りものニュース 5月18日(水)7時0分配信

「がんばろう!九州号」は5月末から運航予定

 ソラシドエアは2016年5月16日(月)、「2016年熊本地震」で被災した地域を支援する取り組みのひとつとして、「『がんばろう!九州』復興支援プロジェクト」を始めると発表しました。

 そのひとつは「がんばろう!九州号」と名付けられたラッピング機。プロジェクトのロゴマークに加え、熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”を務める「くまモン」や大分県応援団“鳥”の「めじろん」をはじめとする九州5県のキャラクターなどがデザインされた機体で、5月末から運航が開始される予定です。

 また、機内で販売している「九州の素材を活かしたオリジナル商品等」(ソラシドエア)の売上金の一部が、復興支援のために寄付されます。ソラシドエアのウェブサイトや機内誌などでは、復興支援情報の提供も行われます。

 宮崎県宮崎市に本社のあるソラシドエアでは、「これまで地元の皆様に支えていただいた恩返しの気持ちを込め、そして、私たちが大切にしてきた地域との繋がりをひとつの大きな輪にして、ソラシドエアだからこそできる復興支援」に取り組んでいくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月18日(水)7時11分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]