ここから本文です

SL運転シミュレーターを「SLやまぐち号」新客車に設置 かまたきゲームも

乗りものニュース 5月18日(水)12時0分配信

SL列車内でSL運転シミュレーターや、かまたきゲーム

 JR西日本は2016年5月12日(木)、「SLやまぐち号」に導入する予定の客車について、その詳細を発表しました。

 新造する客車は、戦前から戦後にかけて使用された車両を復刻したもので、2017年9月に開催される予定の「山口ディスティネーションキャンペーン」に向けて、今年6月から製造が開始されます。

 1号車のモデルは1938(昭和13)年に製造されたマイテ49。1等客室や展望デッキなどを備え、当時を代表する列車のひとつである特急「富士」(東京~下関)に連結されていました。「SLやまぐち号」ではグリーン車として使用される計画です。JR西日本は「当時の1等車の重厚な雰囲気を味わっていただくため、展望室、展望デッキを再現」するといいます。

 2号車から4号車は、戦前、戦後を通して全国で運行されたオハ35をモデルに復刻。なかでも3号車には「SLを体験・学べるスペース」が設けられます。実際の山口線の映像でSL運転を体験できる運転シミュレーター「機関士体験 走れSL『やまぐち』号」や、かまたき体験の「走れSL 罐焚き(かまたき)ゲーム」、SLを紹介するパネル展示など、子どもが学びながら楽めるコーナーです。JR西日本によると、SL列車内で楽しめるSL運転シミュレーターは全国初とのこと。

 5号車は1927(昭和2)年から製造されたオハ31をモデルに復刻されます。ただしボックス席の幅はオリジナルの1300mmから新客車では1700mmに拡大。さらにバリアフリーに対応させるなど、現代ならではの快適性を備えた車両になります。

「SLやまぐち号」は蒸気機関車による定期旅客列車の運行が終了した1975(昭和50)年の3年半後である、1979(昭和54)年に運行を開始。冬季を除く土休日などに、山口線の新山口~津和野間を1日1往復しています。

 JR西日本は「SL動態保存の魁(さきがけ)であるSLやまぐち号の持続的な運転のため、SLやまぐち号にSL全盛期の旧型客車を復刻した客車を新製・投入する」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月18日(水)12時18分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]