ここから本文です

60代女性 670万円被害 「名義だけ貸して」男を逮捕/富山

チューリップテレビ 5月18日(水)9時42分配信

 「迷惑をかけないから名義だけ貸してほしい」。

 そう、そそのして、結局、現金をだまし取る詐欺事件が横行しています。
 上市警察署は17日、この『名義貸し』を悪用する詐欺グループの『受け子役』とみられる男を逮捕しました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京都の飲食店店員・熱田仁慶容疑者(29)です。
 熱田容疑者は、現金を要求する電話をかける、いわゆる『架け子』らと共謀の上、今年3月から4月にかけ、県東部に住む60代の女性に、証券会社の社員などをかたり、電話で「迷惑をかけないから名義だけ貸してほしい」などと言い、さらに「証券取引の実績を作るため」と言って、現金合わせて670万円を宅配便で送らせ、だまし取った疑いが持たれています。

 警察の調べに対し、熱田容疑者は関与を認めていて、警察では『名義貸し』を要求されても拒否するよう、注意を呼びかけています。

チューリップテレビ

最終更新:5月18日(水)9時42分

チューリップテレビ