ここから本文です

アンジェリーナ・ジョリー、ドナルド・トランプを批判!

ELLE ONLINE 5月18日(水)20時12分配信

これまでも共和党のドナルド・トランプを批判してきたセレブは多数。ジョージ・クルーニー&アマル・クルーニーをはじめ、マイリー・サイラスやジョニー・デップ、レナ・ダナムらが反トランプを表明してきたけれど、そこにアンジェリーナ・ジョリーも加わったもよう。

アンジーは今週初め、BBCがロンドンで開催した「World on the Move Day」に出席、スピーチをしたそう。そのなかでアンジーは「私から見ると、自由、特に信教の自由を求めて世界中から移住してきた人がアメリカを作っている。だからアメリカの大統領になろうとする人がこのような提案をすることは耐えられない」とコメント。トランプがイスラム教徒の入国禁止をはじめ、移民や難民の受け入れを拒否する政策を提案していることを批判したそう。さらに難民を孤立させることは解決にならないと主張、「隣家が火事になった場合、家に閉じこもって鍵をかけることは安全策ではない」「強さとは恐れないこと」と各国のリーダーに難民受け入れを呼びかけたとか。

予備選も終盤に入り、共和党候補になることが確実になったドナルド・トランプ。もし彼が大統領になったら、セレブ界にも大きな反響が起こりそう。大統領選の動きにも引き続き要注目!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月18日(水)20時12分

ELLE ONLINE