ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ「実戦的な投球」で5回1失点と好投 スローカーブでも打者翻弄

Full-Count 5月18日(水)9時10分配信

4度目のリハビリ登板で圧巻の投球

 右肘靱帯再建手術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、4度目のリハビリ登板を行った。敵地で行われた傘下2Aフリスコのミッドランド戦に先発し、5回を投げて3安打6奪三振1四球1失点(自責0)と圧巻の内容だった。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 この日の試合は午前11時スタートと慣れない環境ではあったが、球団公式サイトは「ダルビッシュは自分のパフォーマンスに満足していた」と伝えている。失点したのは1回2死三塁の場面。捕手がボールを逸らした間に三塁走者が生還したため、自責点は0となっている。

 試合後にダルビッシュは「早い時間から始まる試合だったが、とてもいい感じで投げられた。試合時間に合わせて調整ができたし、いい内容だったんじゃないかと思う」と通訳を介して話している。また、より試合の流れを意識した投球を心掛けたそうで「試合の状況に合わせて、より実戦的な投球をした。感触はよかった」と話しているという。

 5回で68球を投げて47球がストライクだった。地元紙「ダラスモーニングニュース」電子版によると、この日の試合ではスローカーブも投げて、打者を凍り付かせていたという。

 これまで4度のリハビリ登板を行い、合わせて14イニングを投げて6安打15奪三振5四球で4失点(自責2)という成績を残している。リハビリ登板の期間が終了する5月下旬にもメジャーに合流することが予想される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月18日(水)12時43分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)