ここから本文です

ドルトムントの新星ヴァイグルがサプライズ招集 ドイツ代表、EURO2016に向けたメンバー候補を発表

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)12時10分配信

W杯→EUROと連覇を狙う

DFB(ドイツサッカー連盟)は、EURO2016に向けたメンバー候補を発表した。ヨアヒム・レーヴ監督は27名のメンバーを招集している。最終的に31日までに23名に絞り込んでいく。

パリ・サンジェルマンのGKケヴィン・トラップ、ドルトムントのDFマティアス・ギンターらが招集外となった。またドイツのリオ五輪世代にあたる21歳のバイエルンMFジョシュア・キミッヒ、20歳のドルトムントMFユリアン・ヴァイグル、20歳のシャルケFWリロイ・サネら若手有望株も選出されている。

ヴァイグルは1860ミュンヘンの下部組織出身。2013-14シーズンにプロデビューを果たすと、才能が評価され2015-16シーズンにドルトムントへ加入する。開幕戦のボルシアMG戦からスタメン起用されると今季は30試合に出場し大きな存在感を放った。

ドイツ代表はEURO本大会を前に、29日にスロバキア代表と6月4日にハンガリー代表と国際親善試合を戦う。そしてEUROの本大会ではグループCに入っており、ウクライナ、ポーランド、北アイルランドと対戦する予定となっている。

〈GK〉
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

〈DF〉
ベネディクト・ヘーヴェデス(シャルケ)
ヨナス・ヘクトル(ケルン)
マッツ・フンメルス(ドルトムント)
セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
シュコドラン・ムスタフィ(バレンシア)
アントニオ・リュディガー(ローマ)
エムレ・チャン(リヴァプール)

〈MF〉
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)
ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
ジョシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
ルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ)
トニ・クロース(レアル・マドリード)
サミ・ケディラ(ユヴェントス)
バスティアン・シュバインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド)
メスト・エジル(アーセナル)

〈FW〉
マリオ・ゴメス(ベシクタシュ)
マリオ・ゲッツェ(バイエルン・ミュンヘン)
レロイ・サネ(シャルケ)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)12時10分

theWORLD(ザ・ワールド)