ここから本文です

嵐・大野智主演ドラマ「セカムズ」最大の難関超えるもまた新たな壁が?「ダンスシーン楽しみすぎる」

E-TALENTBANK 5月18日(水)17時9分配信

今夜放送される嵐・大野智主演ドラマ「世界一難しい恋」。先週の放送では、ついに零治(大野智)が美咲(波瑠)に告白し、OKの返事をもらうという、記念すべき瞬間を迎えた。

第6話では、零治が美咲を連れて行くことを目標としていたパーティーがついに開催されるが、美咲の仕事とパーティーの日程が重なってしまい、困った零治は…と、新たな壁が気むずかしく不器用な社長・零治の前に立ちはだかるという内容だ。

このパーティーではダンスタイムが設けられるという設定で、ドラマの公式Twitterアカウントでも「一体パーティーで何が起こるのか…。社長のダンスシーンも必見」とコメントされており、視聴者の間では「社長のダンスシーン。楽しみだなー」「零治さんのダンスシーン。ため息もんなんだろうな~」「鮫島社長のダンスシーンが楽しみすぎる」「社長のダンスシーンも見逃さずしっかり見ますよぉ~」「社長のダンスシーンもそうだけど、どんなバカップルなのか考えるだけでニヤニヤ止まらな~い!」など待望の声が多く寄せられている。

 
【6話 あらすじ】
美咲(波瑠)からOKの返事をもらい、ついに彼女と付き合い始めた零治(大野智)。零治と美咲は、水族館でデートをしたり、「レイさん」「ミサさん」と二人だけの呼び名を決めたりと関係を深めていく。

美咲から仕事とプライベートはしっかりと分けたいと言い、二人の関係は社内で公表しないことに。零治は、美咲とのやりとり一つひとつに喜びを感じ、幸せをかみしめるのだった。美咲を連れて行く予定のホテル協会のパーティーは、翌週に迫っていた。

零治は和田(北村一輝)に、美咲との交際を報告する。和田は、零治を祝福。零治は和田から、今度のパーティーはホテル協会会長の希望でダンスタイムが設けられることを聞かされる。美咲をパーティーに連れて行くつもりの零治は、彼女と踊ろうと考える。

そんな中、白浜(丸山智己)が土日で京都へ出張することになり、企画戦略部の中からサポートしてくれる同行者を募る。出張の日程は、ホテル協会のパーティーと重なっていた。

零治は、美咲に出張に行ってほしくないものの、彼女と公私を分けるという約束をした手前、仕事に意欲的な部下としての美咲を止められない。とはいえ、どうしても美咲をパーティーに連れて行きたい零治は、美咲以外のどちらかにジャンケンで勝ってもらうため、石神(杉本哲太)に、ある頼みごとをするが…。

最終更新:5月18日(水)17時9分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。