ここから本文です

【MLB】ブレーブス、ゴンザレス監督の解任を発表 3Aのスニッカー監督が監督代行に

Full-Count 5月18日(水)9時52分配信

2014年以降低迷

 ブレーブスは17日(日本時間18日)、フレディ・ゴンザレス監督とカルロス・トスカベンチコーチの解任を発表した。傘下3Aのブライアン・スニッカー監督が昇格して監督代行に就任する。また、テリー・ペンドルトン一塁コーチがベンチコーチ職に、エディ・ペレス・ブルペンコーチが一塁コーチ職に、傘下3Aのマーティ・リード投手コーチがブルペンコーチ職に就任する。

 5月16日現在、ブレーブスは9勝28敗と大失速。チームは再建期の真っ只中ではあるが、今季は100年を超える球団の歴史の中で最弱の道を歩んでいる。

 ゴンザレス監督は、師でもある殿堂入りしたボビー・コックス前監督が2010年に勇退した後を引き継ぎ、2011年からブレーブスの指揮を執った。ブレーブスの監督としては434勝413敗という成績。だが、2013年に地区優勝を果たした後に再建期に入り、2014年は79勝83敗、2015年は67勝95敗と大きく低迷していた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月18日(水)9時59分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。