ここから本文です

結成10周年Hilcrhyme、撮り下ろしニュービジュアルを公開

MusicVoice 5月18日(水)12時54分配信

 今年結成10周年を迎えるヒップホップユニットHilcrhyme(ヒルクライム)が、6月29日にリリースする10周年第1弾シングル「パラレル・ワールド」のニュービジュアルとCDジャケットが公開された。今回の写真は4月末に都内のスタジオで撮り下ろしたもので、約10カ月ぶりのニュービジュアルとなる。6月1日に「パラレル・ワールド」が先行配信、そして、秋には全国の劇場で4月におこなわれたライブ『PARALLEL WORLD』の3D LIVE映画も公開予定。


 全国の劇場で今秋公開のHilcrhyme初の3D LIVE 映画『Hilcrhyme10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』の主題歌となる、結成10周年第1弾シングル「パラレル・ワールド」が6月1日より先行配信開始されることが決定し、一連のコンセプトとなっている「パラレル・ワールド」を表現した彼らのニュービジュアルとCDジャケットが公開された。


 「理想とリアル まるでパラレル・ワールド」と歌詞にある通り、理想と現実の間で葛藤する様子が描かれつつも、最終的にはHilcrhymeが常に歌っている”自分を誇れ”というメッセージが込められている。3D LIVE映画とこのシングル、そして歌詞の内容、全てにリンクしていくビジュアルとなっている。

 今回の写真は4月末に都内のスタジオで撮り下ろしたもので、Hilcrhymeにとって約10カ月ぶりのニュービジュアルとなる。また、同曲の先行配信に先駆け、DJ KATSUがパーソナリティを務めるレギュラーラジオ FM-NIIGATA「FES.19」で5月17日に初オンエアされた。

 Hilcrhymeが10年の時を経て紡ぐ壮大なドラマ。強烈なメッセージを放ち続けるHilcrhyme10周年はどのような展開になるのか。

最終更新:5月18日(水)12時54分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。