ここから本文です

欧州注目の逸材をボルシアMGが狙う アーセナル移籍濃厚なシャカの代役か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)17時10分配信

19歳で100試合に出場

ボルシア・メンヘングラッドバッハがアンデルレヒトのMFユーリ・ティーレマンスに興味を示していることが明らかになった。

ティーレマンスは19歳ながら、すでにベルギーリーグで100試合以上に出場しているほどの才能の持ち主だ。16歳のときにプロデビューした同選手はチャンピオンズリーグ出場経験もあり、若く経験が浅い選手の多いボルシアMGにとってもうってつけの人材である。独『Rheinischen Post』によれば、すでにボルシアMGはアンデルレヒトと交渉を行っており、契約条件などについて話し合っているようだ。

今年1月からボルシアMGは退団が濃厚なグラニト・シャカの代役としてティーレマンスを考えており、それがついに実現へと近づいている模様。しかし6番タイプのシャカに対してティーレマンスはやや攻撃的な選手で、すでに在籍しているダフードとプレイエリアが重なると同紙には指摘されている。

また、ティーレマンスにはユヴェントスやトッテナムなどのクラブも注目しており、最低でも1500~2000万ユーロほどが必要になるようだ。クラブにとってはかなりの大金だが、移籍を実現させることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]