ここから本文です

ドイツの“伝説”クローゼが長谷部の同僚に? 残留すればオファー提示へ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)18時1分配信

「ミロはドイツに帰りたがっている」

ラツィオを退団したFWミロスラフ・クローゼにフランクフルト移籍の可能性が浮上しているようだ。

先日、ラツィオでのラストマッチを迎えたクローゼ。最後の試合でも「スペシャリストではない」と話したPKをしっかりと決め、ゴールでイタリアに別れを告げている。そんなクローゼにブンデスリーガ復帰の噂があると独『SZ』は報じた。

ラツィオのイグリ・ターレSDは「ミロの(退団する)という決断を変えるために我々は奮闘した。しかし彼は昨年からドイツに帰りたがっているんだ」と話し、母国復帰の可能性を示唆している。そこで浮上したのがフランクフルトというわけだ。同紙によれば、フランクフルトは6月で38歳になるクローゼに対して、1年のオファーを提示するという。

しかし今月、フランクフルトは残留をかけ、ニュルンベルクと入れ替え戦を行うため、クローゼの移籍はその結果に左右されそうだ。ファンはドイツのレジェンドが母国に帰ってくることを待ち望んでいるはずだが、どうなるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)18時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報