ここから本文です

初めてのACLで初めての2ゴール! 壁の下を抜く技ありFKを決めたMF水沼「思い切り狙って蹴った」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)18時10分配信

技ありFKとダイレクトボレー

FC東京MF水沼宏太が17日に開催されたACLラウンド16の1stレグを振り返った。

今季からFC東京でプレイする水沼だが、リーグ戦では11試合を消化して2回の先発出場と5回の途中出場に留まっている。しかし自身初の出場となるACLでは2月上旬のプレイオフで移籍後初ゴールを記録すると、グループステージにも全試合に出場してクラブの決勝トーナメント進出に貢献した。

17日に開催されたラウンド16の1stレグでは、ホームで中国の上海上港と対戦。同試合でもスターティングメンバーに名を連ねた水沼は、前半終了間際にゴール正面からのFKを直接決めて先制点を記録する。また、1-1で迎えた65分にもサイドからのクロスが上がると、水沼はダイレクトであわせて2点目をゲット。試合はこのままタイムアップを迎え、水沼の2ゴールでFC東京が勝利を収めた。

試合後、水沼は「とにかく今日は勝ててうれしい」とコメント。「リーグ戦からメンバーも変わったけど、一人一人がやるべきことを90分間通してできた。自分も2点取れてうれしかった」と喜びを口にした。同選手のコメントをJリーグ公式サイトが伝えている。

また水沼は自身の得点を振り返り、壁の下を抜くシュートを直接沈めたFKについては、「思い切り狙って蹴った。味方がFKの壁に入ってGKを隠してくれていたから、自分はコースが見えた」と明かし、「2点目はファーサイドにクロスが入ると、相手DFはボールウォッチャーになることは分かっていた。シュートは思い切り足を振るよりも当てに行った」と語った。

1stレグで勝利を手にしたFC東京は翌週、クラブ史上初となるベスト8進出をかけて24日に上海での2ndレグに挑む。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。