ここから本文です

韓国で飛躍を遂げる高萩が日本代表、そしてACLへの想いを語る「ソウルはチャンピオンに相応しいチーム」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)18時12分配信

ソウルに移籍した理由を明かす

現在はFCソウル(韓国)でプレイするMF高萩洋次郎が18日に開催されるACL浦和レッズ戦に向けて意気込みを語った。

サンフレッチェ広島ユース出身の高萩は2004年にトップチーム昇格後、2006年に愛媛FCへの期限付き移籍を経験したが、2014年まで広島でプレイ。同クラブでは2012年、2103年のJ1リーグ連覇に大きく貢献した。しかし2014年シーズン終了後、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)に完全移籍で加入。また昨年はFCソウルに戦いの場を移し、韓国FAカップ優勝に貢献した。

今季もソウルでプレイする高萩は18日に開催されるACLラウンド16で浦和と対戦。代表復帰もささやかれているなか、代表選手が多いクラブとの対戦になるが高萩は「日本代表に関しては、この試合で何かを意識していることはありません」とコメント。それでも、「ただ、1年前から韓国でプレイしている中で、韓国の球際や守備の厳しさでの成長は、この1年間でできていると思います。そういった部分は、今まで日本でプレイしていた僕にはなかったところです。その特徴を出すことができれば、浦和に勝つこともできると思いますし、そういうプレイを代表監督も望んでいると思います。自分の良さと、韓国で身につけた部分を出していきたいです」と意気込みを語った。会見の様子を浦和レッズの公式サイトが伝えている。

また、「広島の時も何度かACLに出場しましたが、なかなか勝ち進むことができませんでした。その悔しさを持ってFCソウルに移籍しました」と話す高萩は、「僕の中では、このACLで優勝することは、1つのサッカー人生の目標でもあります」と明かし、「FCソウルはチャンピオンになれる力を持ったチームですし、それに相応しいチームです。このチームで初めてチャンピオンになることを成し遂げたいです」とACL制覇に向けて闘志を燃やした。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)18時12分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]