ここから本文です

【MLB】今季は中4日登板で防御率5.68 2試合乱調の田中将大にNY記者「新たな問題」

Full-Count 5月18日(水)20時28分配信

辛口記者がエースの奮起促す、「ヤンキースが最後に必要とするもの」

 今季は中4日の先発スケジュールで、いまひとつ成績が残せていないヤンキース田中将大投手について、地元紙「ニューヨーク・ポスト」の辛口記者ジョージ・キング氏が、「田中の危険な兆候は、ヤンキースが最後に必要とするもの」と題して、エースの奮起を促している。

日本人最高は?衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 サバシアとセベリーノが故障者リスト入り、サバシアの代わりにローテ入りしたノバはそこそこの働き、イオバルディは波があり、ピネダの調子はひどい。セベリーノに代わってローテ入りしたグリーンは16日(日本時間17日)のダイヤモンドバックス戦で4回6失点。そんなヤンキース先発ローテーションの中で孤軍奮闘していた田中だが、最近2試合はピリッとしない投球が続いている。

 キング記者は、この2試合が中4日での登板であったことを指摘している。今季は中4日で登板した3試合の成績が1勝0敗、防御率5.68、合計19回で21安打を許しているのに対し、中5日だった3試合は、0勝0敗、防御率1.66、合計21回2/3で16安打されているだけ、というデータを紹介。「新たな問題が先発ローテに加わった」とした。

指揮官も「彼がキレを保てる方法を見つけないといけない」

 記事内では、ジラルディ監督のコメントも紹介。「(中4日は)これまでもやってきたこと。仕事はしている」としながらも、登板間の日数と調子の因果関係については「難しい。確かに(前回は)キレはなかった。それは分かるが、試合日程は組まれている。もし因果関係があるなら、彼がキレを保てる方法を見つけないといけない。我々は6人ローテにはしていないし、6人ローテにするには多くの調整が必要になり、難しい」と話しているという。

 20日(同21日)アスレチックス戦で故障中のサバシアが復帰する予定で、田中の次回登板は中5日で21日(同22日)アスレチックス戦となる。また、翌週の月曜日30日(同31日)には試合がないため、次々回も中5日での登板となりそうだ。

 キング記者は「開幕から6週間が経ち、ヤンキースが打線と救援3人衆(ベタンセス、ミラー、チャップマン)に頼り切っていることは火を見るより明らか」と先発投手陣の頼りなさを切り捨て、「田中が中4日のスケジュールで復調しない限り、ヤンキースの先発ローテは味方打線にさらなるプレッシャーをかけ続けるだろう」と締めくくっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月18日(水)20時46分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]