ここから本文です

リヴァプール側がミランに都合の良すぎる提案? バロテッリをあげるから代わりに……

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)21時50分配信

リヴァプールが狙う逸材とは

現在リヴァプールからミランにレンタル移籍しているFWマリオ・バロテッリは、所属元のリヴァプールから完全に煙たがられている。ユルゲン・クロップもバロテッリを構想には入れておらず、バロテッリ本人もイングランドへの帰還を嫌がっている。バロテッリは何とかミランに留まるために謙虚に頑張る姿勢も見せており、ミラン側もバロテッリが好青年になったと変化をポジティブに受け取っている。

そんな中、リヴァプールはバロテッリを巡って新たな提案を申し出たようだ。伊『Sky Sports Italia』によると、リヴァプールはバロテッリをミランに譲る代わりにエムバイェ・ニアングをくれと交換を申し出たという。リヴァプールは以前よりニアングを注視しており、21日に行われるコッパ・イタリア決勝のユヴェントス戦にスカウトを派遣する予定になっている。

リヴァプールとしては厄介者のバロテッリをミランに押し付け、若手のホープとして期待されているニアング獲得を実現させたかったのだろう。しかし、ミラン側はこの提案に否定的だという。ニアングが才能ある選手ということはすでに証明されており、そう簡単には手放せないだろう。しかもバロテッリとの交換となればなおさらだ。

ニアングにはトッテナムも興味を示しており、リヴァプール同様にユヴェントスとのファイナルにスカウトを派遣する見込みだ。レスター・シティも興味を示すなどニアングはプレミアリーグのクラブから高い評価を受けているが、今夏動きは起こるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)22時38分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]