ここから本文です

EURO欠場のイタリア代表MFヴェッラッティがSNSで手術成功を報告

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)22時20分配信

ファンへ早期復帰を誓う

パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは、以前からそ径部に不安を抱えており、EURO出場に向けてリハビリを行っていた。しかし5月に入りそのケガが悪化。今年のEURO出場は諦め、16日にドーハで手術を行うことをクラブが発表していた。

そんなヴェッラッティが手術後にSNSでファンに向けてメッセージを送った。伊紙『Corriere dello Sport』によると、ヴェッラッティは自身のInstagramで手術が無事成功したことを報告。その際に、ベッドの上ではあったが写真で元気な姿を見せ「僕は出来るだけ早く復帰するよ」と綴り、ファンへ早期復帰を誓った。

今年開催されるEUROに出場できないのは残念だが、ヴェッラッティは23歳と若く、サッカー人生はまだまだ長い。将来が期待される彼にはケガを完璧に治し、元気な姿でピッチに戻ってきてもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)22時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。