ここから本文です

「ユヴェントスの全てが怖い」対戦前にミランの若きDFリーダーが心境明かす

theWORLD(ザ・ワールド) 5月18日(水)22時39分配信

21日に決勝で対戦

21日に行われるコッパ・イタリア決勝でユヴェントスと対戦するミランは、とにかく守り切る忍耐が必要だ。セリエA王者のユヴェントス相手に攻撃的なフットボールが展開できるはずはなく、無失点で耐えることが勝利の条件となるだろう。

そのカギを握るのは若きディフェンスリーダーのアレッシオ・ロマニョーリだ。ロマニョーリは今季不安定だったチームを後方から支え続け、リーグ戦34試合に出場。ユヴェントスに勝つにはロマニョーリの貢献が欠かせない。

しかし、ロマニョーリは試合前からユヴェントスの攻撃に恐れを抱いている。今季自分たちが不安定な戦いをしていたことも関係しているだろうが、ユヴェントスの全てが怖いと正直な思いを口にしている。伊『Mediaset』が伝えた。

「僕たちが悪いシーズンを過ごしたのは分かっているよ。最終節のローマにも1-3で敗れ、良い形でシーズンを終えられなかった。だけど、それは過去の話だ。今はユヴェントス戦に向けて準備しないとね」

「ディバラとマンジュキッチのどちらが怖いか?彼らはタイプが全然違うけど、両者とも凄い選手だ。彼らFW2人に限った話じゃないよ。僕たちはユヴェントスの全てが怖いんだ」

ミランがユヴェントスに勝つ可能性は限りなく低いが、今のミランは自分たちを弱者と認識している。守備を重視して戦えば接戦には持ち込めるはずだが、サプライズを起こせるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月18日(水)22時39分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]