ここから本文です

贅沢感を追究、リッツのマンゴーブッフェ

Lmaga.jp 5月18日(水)15時5分配信

約2万8千人を動員し、予約がとれないほど人気となった『ストロベリーブッフェ』を開催した「ザ・リッツ・カールトン大阪」(大阪市北区)が、5月16日からは、さらに贅沢感を追究した『マンゴーブッフェ』をスタートした。

マンゴーとサーモンを組み合わせた寿司も

昨年12月に着任し、『ストロベリーブッフェ』を成功に収めたクリストファー R.クラーク総支配人。今回の意気込みも並々ならぬものがあり、「情熱的でクリエイティビティあふれる、オリアナ・ティラバッシ料理長が中心となって、何カ月もかけてメニューを考えました。前回は55ものメニューが登場しましたが、もっと喜んでいただきたいという思いから57種類に増やしております」と語り、遠方客に向けて、ブッフェ付き宿泊プランも発表した。

気になるラインアップには、マンゴーをそのままたっぷり使用したタルト、マンゴームース、マンゴーの果汁を生かしたシフォンケーキやスコーンなどが並び、ブッフェテーブルが南国色に。また、デパートで購入すると1個数千円はする宮崎マンゴーを使用したワンランク上のメニューも。マンゴースライスなどを盛り合わせた特別プレートが1人1皿ずつ提供されるほか、マンゴーパンケーキ、イカ墨のリゾットでも楽しむことができるため、前回よりも高い価格設定となっている。大人5,500円(サ別)。期間は7月31日まで。

最終更新:5月18日(水)15時14分

Lmaga.jp