ここから本文です

浅田真央「現役生活そこまで長くない」

Lmaga.jp 5月18日(水)19時0分配信

7月に「大阪市中央体育館」(大阪市浪速区)で開催されるアイスショー『THE ICE』に出演する浅田真央が18日、姉でタレントの浅田舞とともに会見を行い、2018年の平昌オリンピックに向けた抱負を語った。

2018年のオリンピックについて質問された真央は、「あっという間だと思うので、プログラム選びというのもすごく重要になってくると思うんですけど、まずは1年1年やるべきことをしっかりしていけば、そこにオリンピックという大きな舞台が待っていると思う。現役生活もそこまで長くないと思うので、1日1日の練習だったり、スケートに関わることだったり、試合だったり、そのひとつひとつをかみしめながらできればいいなと思ってます」と語った。

今後の具体的な目標には、「昨シーズンの試合で感じたことは、ジャンプのレベルを上げること。無理をするのではなくて、少しでも上のレベルにしていくことが目標です」とも。

今回のショーのエキシビションで使用する曲は、「いつもは物語を作って演じるんだけど、(振付師の)ローリー(・ニコル)が、ピアニストの方も呼んでくださって。たまには音楽を聴いて身体が自然に動くようなプログラムにしたらどう、って言われたときにこれかなって」と、バッハの曲を選んだという。会見で「みんなで一緒に練習すること、氷の上にいられることがとってもうれしいです」と話した真央。ひととき、勝負の世界から離れたのびのびとした演技に注目したい。

最終更新:5月18日(水)19時15分

Lmaga.jp