ここから本文です

『世にも奇妙な物語』西島秀俊、窪田正孝、高橋一生ら豪華主演陣発表

クランクイン! 5月18日(水)11時10分配信

 フジテレビで26年続く人気ドラマ『世にも奇妙な物語』。28日に放送となる春の「特別編」にて、西島秀俊、窪田正孝、高橋一生、松重豊ら豪華俳優が主演することが分かった。

【関連】『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』フォトギャラリー


 西島主演の『通いの軍隊』は筒井康隆の同名小説が原作。会社に通うように人々が軍隊に午前9時から午後5時までだけ参加し戦争をしている、というもしかしたら近い未来にありえなくもないと思わせる世界が描かれる。戦闘シーンは、実際に富士山麓の静岡県裾野市で撮影が行われた。

 西島は「『奇妙』ならではの一筋縄ではいかない、普通の戦争ものではない、なにか本当にブラックユーモアにあふれた作品になっていると思います。ぜひ期待して見ていただけるとうれしいです」と自信を見せる。

 SF伝奇漫画家・諸星大二郎原作の『夢みる機械』で主演を努める窪田は、漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年を演じる。今回、初めて『奇妙』に出演することになった窪田は「全力で立ち向かいました。世の中がどんどん便利になりたくさんの機械が生活を支えてくれている時代なので、このストーリーにはどこか真実味を感じました」と語る。

 クイズを愛する二人の姿が描かれる『クイズのおっさん。』は、松重豊と高橋がW主演。高橋演じるしがないサラリーマンの前に、ある日松重演じるクイズのおっさんが現れ追いかけ回されるという話。主演の2人は共演を楽しんだそうで、高橋は今作品について「純粋な気持ちでお客さんとしてテレビの前でドラマを楽しんでいただけたらと思います」と視聴者へメッセージを送っている。

 『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』はフジテレビ系にて5月28日21時~23時10分放送。

最終更新:5月18日(水)11時10分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。