ここから本文です

瀬戸康史、「アラサー感が増しました」28歳迎え年齢実感!? フェアリーに男の渋み

クランクイン! 5月18日(水)14時0分配信

 TBSのドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』に出演している俳優の瀬戸康史が18日、28歳の誕生日を迎えた気持ちを自身のツイッターアカウントにて告白。また合わせて多くの瀬戸の知人が、ツイッターで誕生日の祝いの言葉を送っている。

【関連】「瀬戸康史」フォトギャラリー


 瀬戸は「正直あまり実感はないのですが、文字で見るとインパクトすごいですね。アラサー感が増しました」と改めて28歳という年齢の印象を明かしながら「焦らず、自分というものを丁寧に育てていきたいと思います。 今後とも宜しくお願いします!」と、これからの活躍に向けた意気込みを宣言。

 『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』の公式ツイッターアカウントでは、祝福の言葉と共に「フェアリー感を兼ね備えつつ、男の渋みが増していく感じですね」とドラマでの役柄の雰囲気をダブらせつつ瀬戸の印象をコメント。また「瀬戸康史先輩、お誕生日おめでとうございます」とツーショット画像と共にお祝いのメッセージを送った、瀬戸の所属する俳優集団D-BOYSのメンバーである堀井新太をはじめ、劇団、俳優など知人より祝福の言葉が多く寄せられ、その一つ一つに瀬戸は感謝の言葉をリプライしている。

 また、瀬戸のツイートには「ますます大人っぽい瀬戸くん楽しみにしています」「これからもずーと応援します」「素敵な一年にしてください!」「毎回瀬戸キュンです」と、誕生祝の言葉と共に、今後の活躍へのエールを送る声が多く寄せられた。

最終更新:5月18日(水)14時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。