ここから本文です

マリナーズ、首位対決制し連敗ストップ 青木は大量点呼ぶ内野安打

ベースボールキング 5月18日(水)10時54分配信

● オリオールズ 0 - 10 マリナーズ ○
<現地時間5月17日 オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ>

 ア・リーグ西地区首位のマリナーズが同東地区首位のオリオールズに大勝。「1番・左翼」で先発出場した青木宣親は、5回に大量得点の口火となる内野安打を放ち、チームの連敗ストップに貢献した。

 青木は2-0の5回、一死無走者の場面で第3打席へ。オリオールズの先発右腕・ヒメネスの前に2ボール2ストライクと追い込まれたが、5球目のカーブを三塁線へ運び、これが三塁手のグラブを強襲する内野安打となった。

 マリナーズは続くスミスの四球で一、二塁とすると、3番カノが右前適時打を放ち青木が生還。その後も4番クルーズの適時打、5番シーガーの8号3ランで一気に7-0。6回にもクルーズの8号2ランなどで3点を加えた。

 投げては先発左腕のマイリーが好投。2回から3イニング連続三者凡退とテンポの良い投球が光り6回無失点。打線の援護にも守られ今季4勝目(2敗)を手にし、チームの連敗を3で止めた。

 青木は第3打席以外は快音を残せず5打数1安打で打率.232、出塁率は.327となった。

BASEBALL KING

最終更新:5月18日(水)11時42分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]