ここから本文です

国有財産監査で16件に無駄指摘 北陸財務局

北國新聞社 5月18日(水)2時56分配信

 北陸財務局は17日、昨年度の国有財産監査の結果を発表した。監査対象の28件のうち16件について、使用状況に無駄や非効率があると指摘し、移転や借り受け解消などの改善を求めた。

 民間から借り受けた土地に単独庁舎を構える北陸地方整備局の金沢港湾・空港整備事務所七尾港出張所については、七尾港湾合同庁舎の空きスペースに移転し、建物を取り壊して土地の借り受けを解消するよう求めた。

 富山公共職業安定所が借り受ける駐車場は、利用が少ないことから、適正規模を見直して一部の借り受けを解消する必要があると指摘した。

 借り受け解消の指摘は計8件で、全てが解消されると年間2100万円前後の借受料削減になるという。

北國新聞社

最終更新:5月18日(水)2時56分

北國新聞社