ここから本文です

熱中症対策は早めが肝心 今週末から夏日予測

北國新聞社 5月18日(水)16時15分配信

 石川県内で今年初の真夏日を記録した16日以降、県内のドラッグストアやホームセンターで、熱中症対策の商戦が急速に熱を帯びてきた。今週末から来週前半にかけて、25度以上の夏日が続く見通しで、県は「体が暑さに慣れておらず、気温の変化が激しいこの時期は注意が必要だ」と、早めの対策を呼び掛けている。

 県内では16日に、金沢31・3度、かほく31・2度、小松31・0度、七尾30・1度と、4地点で30度を超えた。新潟地方気象台が12日に発表した北陸の1カ月予報でも、平均気温は高くなると予測している。

北國新聞社

最終更新:5月18日(水)16時15分

北國新聞社