ここから本文です

日本から252人が出席=蔡英文次期総統の就任式典/台湾

中央社フォーカス台湾 5月19日(木)14時32分配信

(台北 19日 中央社)外交部は18日、20日に行われる中華民国第14代総統・副総統の就任式典に日本各界から252人が出席すると発表した。対台湾窓口機関、交流協会の今井正理事長のほか、日華議員懇談会の古屋圭司幹事長など国会議員12人も含まれている。

外交部は、日本からの出席者に感謝と歓迎の意を表明。台湾と日本は経済、観光、文化など多方面で密接な友好関係が築かれているとし、良好な協力の基礎の下、関係をさらに深化させたいとしている。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月19日(木)14時32分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。