ここから本文です

同性パートナー登録、高雄市で満1周年 全台湾で700組超が利用

中央社フォーカス台湾 5月19日(木)14時40分配信

(高雄 19日 中央社)同性カップルの関係を認めるパートナー登録制度が高雄市で開始されてから20日で1周年を迎える。同市政府民政局によると、全台湾でこれまでに少なくとも700組が登録を済ませたとしている。

同制度は「性的少数者(LGBT)の人権を尊重することで、心の支えになれば」として高雄市が全国に先駆け実施。その後台北、台中、新北、台南、嘉義、桃園各市と彰化県なども追随した。

同局では法律の規定を超えず、LGBTの生活上の要望と権利向上に応じ、各界の関心を集められたとしている。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月19日(木)14時40分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。