ここから本文です

国内企業のITインフラにおけるOpenStackの導入進む

エコノミックニュース 5月19日(木)7時58分配信

 OpenStackはオープンソースソフトウェア(OSS)のクラウド基盤/管理ソフトウェアとして、およそ4万人もの規模からなるオープンソースコミュニティで開発されている。WalmartやeBay、BMWのようなグローバル大手企業での採用事例が出ており、企業向けのクラウド基盤として注目を集めている。

 IT専門調査会社 IDC Japanは、国内企業のITインフラにおけるOpenStackの導入状況に関する調査結果を発表した。この結果、「すでに本番環境で使っている」の回答割合が7.0%となり、前回調査の4.5%から3.5ポイント上昇した。「試験的に使用し、検証している」は8.3%で、前回調査と比較してほぼ変化が見られなかった。今回調査では「使用する計画/検討がある」の回答割合が前回調査の5.2%から大きく上昇し17.9%になり、導入に向けて具体的な動きが出てきていることが分かった。また、「OpenStackを知らない」の回答割合が前回調査よりも8.5ポイント下がっており、認知度も上昇していることが判明した。

 また、OpenStackの導入状況について、情報サービスプロバイダーやシステムインテグレーターのようなICT関連サービスを主力事業としている企業と、それ以外の製造や流通、金融、一般サービスなどを主力事業としているNon-ICT企業に分けて分析した。この結果、ICT企業では「すでに本番環境で使っている」の回答割合が8.2%、「試験的に使用し、検証している」が10.8%、「使用する計画/検討がある」が20.5%となり、合計で約40%のICT企業がOpenStackの導入に向けて取り組んでいることが判明した。またNo-ICT企業でも本番環境で使用、検証中、計画/検討の回答を合計すると約30%の企業が、OpenStackの導入に向けて取り組んでいることがわかった。ICT企業に限らず、多くのNon-ICT企業での導入が期待されるとしている。

 さらにOpenStackを本番環境で使用、検証中、計画/検討している企業に対して、OpenStackに期待する効果について質問したところ、「クラウド基盤の運用の効率化」が25.7%で最も回答が多く、「クラウド環境の構築の迅速化」が21.7%、「アプリケーション開発の迅速化」が21.1%となっています。OpenStackはクラウド基盤の運用効率化に加え、スピード向上に対する期待が高いことが判明した。そして、「自社エンジニアのスキルアップ」が19.7%と続いており、これはICT企業だけで見ると22.1%と最も多い回答で、OpenStackを通じてエンジニアのスキルが向上することへの期待が表れているとしている。

 OpenStackを使用していく上での課題については、「OpenStackに精通しているエンジニアが少ない」が28.3%と最も回答が多く、「セキュリティの脆弱性に不安がある」が25.7%で続いた。これらはOpenStackに限らずOSSを企業で使用していく上での共通した課題であるとIDCでは推定している。3番目に多い回答として「半年ごとのメジャーリリースに合わせた対応ができない」が19.7%となった。半年ごとのメジャーリリースはOpenStackの大きな特徴の1つだが、このバージョンアップのスピードに追従することができない企業が約2割あり、課題と表裏一体となっていることが判明した。また「ネットワーク環境の構築/管理が難しい」の回答も19.7%を占め、OpenStackのネットワークはNeutronコンポーネントに対する課題が残されている結果となった。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:5月19日(木)7時58分

エコノミックニュース