ここから本文です

「ただただ求愛を歌う曲」EXILE ATSUSHI初のソロ・ドームツアーのテーマソング発売

E-TALENTBANK 5月19日(木)11時59分配信

いよいよ5月28日(土)に開幕するEXILE ATSUSHIの初めてのソロ・ドームツアー「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”」のテーマソングとなる「Beautiful Gorgeous Love」が7月6日(水)にリリースされる事が決まった。

ATSUSHI自身が「アーティストとしてデビューして15年、“とうとうここまで来ることができたんだな”と、ひとつの節目として実感することができた」と語るソロでのドームツアー。

 これまでもEXILEのヴォーカルとして大きなスケールでエンタテインメントを届けてきたが、ソロとしてドームのステージに立つ上では「ドームという場所が広いだけに、視覚的なものよりも、音楽的なものにこだわって歌を届けること」を意識しているという。

 今回のツアーではこれまでも共にステージを作り上げてきたバンドメンバーに加え、オーケストラ、管楽器、コーラス隊らを招き入れ、総勢40名近くのビッグバンドを従え、生音にこだわったステージを披露するとの事なので、ATSUSHIの歌声とビッグバンドが奏でる生音がどんなハーモニーを作り出すのか、今からライブが楽しみで仕方がない。

 今回リリースが発表された「Beautiful Gorgeous Love」は、そんなツアーを象徴する楽曲として構想から1年を経て制作された、スウィング・ジャズを取り入れたナンバーだ。レコーディングにはツアー同様、総勢40名を超えるビッグバンドが参加。グルーブするリズム、ストリングスとブラスの妖艶なアンサブル、そしてセクシーなヴォーカルを一度に体感する事ができる、その名の通り美しく豪華な仕上がりとなっている。

ATSUSHI自身が楽曲に込めた想いをこのように語っている。「今まで、大切なメッセージを伝える曲、恋愛の曲、盛り上がる曲など、いろんな楽曲を書いてきましたが、ただただ求愛を歌う曲があってもいいなと思っていて、特別に重たくすることもせずに、メロディと演奏に心地良い言葉を紡いでいくというのを、ひとつの作品として仕上げてみました。ほとんどの楽器が生の演奏なので、よりライブの臨場感が音源でも表現できたと思いますし、あまりこういった細かいニュアンスは、伝わりづらい部分ではあると思うんですけど、雰囲気も大切にこだわって作りました。」

そしてこの作品には、カップリングにも注目すべき楽曲が収録される。現在、トヨタホームのCMソングとしてオンエア中の中島みゆきの名曲「糸」をカバーした楽曲が収録される。武部聡志の楽曲プロデュースにより、生音にこだわって制作された楽曲は、原曲へのリスペクトの想いが込められたATSUSHIらしいカバーソングとなっている。

さらに、このシングルには今年1月にTBSで放送されて話題を呼んだ、EXILE ATSUSHI Premium Liveも収録される事が決定した。ATSUSHIの自宅(という設定)に著名人を招待し、一緒にお酒を飲みながら歌を披露するという、これまでとは違った新しい形のショーとなった今回のTBS Live。このショーのスタイルには、いつもの緊張感のあるライブとは違う、もっとリラックスした状態で自分の歌を楽しんでほしいというATSUSHIの想いから生まれたとの事で、ライブとは全然違った雰囲気で聞くATSUSHIの歌声に、新鮮な感覚を覚えたファンも多くいる事だろう。そんな待望のライブDVDも収録される、誰もが一度は聞いてみてほしい、EXILE ATSUSHIの”歌”にこだわり抜いた作品がいよいよ完成する。

最終更新:5月19日(木)11時59分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。