ここから本文です

被災した井上晴美、ブログへの“不幸自慢”批判振り返って涙「これ以上どん底はありえない」

トレンドニュース(GYAO) 5月19日(木)11時37分配信

熊本地震で被災したタレントの井上晴美が、被災状況をブログで発信したことで「不幸自慢」といった誹謗(ひぼう)中傷を受けた騒動について、涙ながらに振り返った。

井上は熊本地震によって自宅や実家が全壊し、食料も不足している過酷な状況をブログにつづっていたが、「人気取りに利用するんか」「不幸自慢にしか見えない」といった一部の心ない声を受けて、ブログを一時休止していた。

井上は5月19日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」にVTR出演し、騒動を振り返った。ブログで状況報告していたのは、「本当に単純にただ思ったことを書いた」だけだと説明しており、まさか非難されるとは思っていなかったらしい。「読むともっと落ち込んじゃうから、コメントを読むのをやめた。でもそれでも続くから、ここ(ブログ)に書くのをやめれば傷つかないかなと思って。これ以上どん底はありえないかなと思って」とブログを一時休止した心境を語るうちに、井上は次第に涙声になっていく。「一生懸命気を張って……。なるべく思い出すのはやめようかなと思ったり。でも人に伝えなきゃいけないこととか、体験したことは経験者としてこうやってお話をできる機会をいただいているので」と声を詰まらせながらも被災者としての決意を明かし、涙をぬぐった。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月19日(木)11時37分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。