ここから本文です

正統派モデルからインド製まで、ハーレーダビッドソンをイッキ乗り!

オートックワン 5月19日(木)11時16分配信

今回試乗したハーレーは2車種。

『ストリート750』とネーミングされた85万円のエントリーモデルと、正統派のハーレーの中で最もシンプルでいながら濃い味をキチンと持っている『アイアン883』(119万円から)。どちらも輸入バイクとしては手頃な予算で購入出来るし、加えて小柄な女性でも扱いやすいサイズといってよかろう。

ハーレーダビッドソン ストリート750/アイアン883 画像111枚

足つき良いインド製ハーレー『ストリート750』

『ストリート750』から紹介したい。

インドで生産されるこのバイク、新世代の水冷V型2気筒750ccエンジンを搭載。例によってハーレーは最高出力を公表していないけれど、上を見て40馬力くらいかと。ハーレーの場合、馬力を知ろうとするのは粋じゃないらしい。「3千回転くらいまでのトルクは必要にして十分」という表現にしておきましょう。

全体の質感はアメリカ製のハーレーと比べたら厳しいけれど、最近増えてきたインドやタイ製のバイクと比べれば標準レベル。

興味深いことにバイク専門メディアの評価は「素晴らしい!」。一方、ストリート750を見た普通のバイク好きは「安っぽい!」。その中間くらいをイメージしておけば間違いなし。まぁ「少しモノ足らない」です。

試乗してみたら驚くほどシート低い!

足をステップに乗せたら、ヒザを110度以上曲げなくちゃならないほど。ジジイになって柔軟性減ったらしく、足、つっちゃいました~。身長170cm以下くらいのヒトならちょうど良いかもしれません。

肝心なストリート750の走りの味は、低い回転域を使っている限りハーレーっぽさをキチンと感じる。

ただ回転数上げていくと、トルク変動が少なくなってしまい日本車のV型エンジンのような個性の無い回り方になる(巡航時の振動は小さい)。いずれにしろハーレーのベテランを含め、経験豊富なバイク乗りにはすすめない。逆に大型免許取って初めて乗るバイクとしてなら、85万円という価格を含め、魅力的だと思う。

ハーレーダビッドソン ストリート750 主要諸元

全長x全幅x全高:2225x820x1060mm/ホイールベース:1535mm/最低地上高:145mm/シート高:709mm/車両重量:230kg/エンジン型式:Revolution X 水冷60度Vツイン/総排気量:749cc/ボア×ストローク:85×66mm/最高出力:-/最大トルク:(58Nm)3750rpm/燃料供給:ミクニ製シングルポートフューエルインジェクション,38mmボア/トランスミッション:6速/燃料タンク容量:13.1リットル/フロントタイヤサイズ:100/80R17/リアタイヤサイズ:140/75R15/ブレーキ、キャリパータイプ:前後2ピストンフローティングキャリパー

1/2ページ

最終更新:5月19日(木)11時16分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]