ここから本文です

広島野村、6回に崩れヤクルトにリベンジならず 「悔しい。それしかない」

Full-Count 5月19日(木)10時5分配信

6回に5連打を浴びてKO、「あそこは粘りたかった」

 18日のヤクルト戦に先発した広島の野村祐輔が、6回途中3失点で降板し、チームは逆転負けを喫した。1週間前の同カードで負け投手となったリベンジを果たせず、試合後は「悔しい。それしかないです」と肩を落とした。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 11日の神宮でのヤクルト戦は、7回まで無失点も8回につかまり負け投手となった。この日も4回まではノーヒットに抑える完璧な立ち上がりだった。5回に2安打を許してピンチを作ったが、西田を併殺打に打ち取り、得点は許さなかった。

「5回までは石原さんのリードのおかげ。野手もいいところでダブルプレーを取ってくれた」と振り返った野村。しかし、6回に1死から5連打を浴びて同点とされ、またしても回の途中でマウンドを降りることに。「あそこは粘りたかったですけど、失投でした。投げきれなかった」と消え入りそうな声で報道陣の質問に答えた。

 緒方監督は「(野村)祐輔は、しっかりした入りで、ゲームを作ってくれた」と野村を責めなかったが、「6回以降ですね。もっとしっかり投げられるようにしたいです」と、次回登板へ気持ちを切り替えていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:5月19日(木)10時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]