ここから本文です

トーレス&コスタの招集外より重要! カニサレス氏が意外な選手が招集外となったことを嘆く

theWORLD(ザ・ワールド) 5月19日(木)15時33分配信

この陣容でEUROを制することができるか

アトレティコ・マドリードで好調を維持するフェルナンド・トーレス、これまでコンスタントに代表入りしてきたチェルシーのジエゴ・コスタの両名がEURO2016に臨むスペイン代表のメンバーから漏れたことは1つの衝撃となっているが、見逃してはならないのがバレンシアFWパコ・アルカセルの選外だ。

パコ・アルカセルはEURO2016予選でもチーム最多となる5得点をマークしており、コスタ、ユヴェントスのアルバロ・モラタに代わるレギュラー候補とも目されていた。しかし代表監督のビセンテ・デル・ボスケはモラタを招集し、パコ・アルカセルは外すという決断を下した。スペイン『as』によると、元バレンシアGKのサンティアゴ・カニサレス氏もパコ・アルカセルの選外に納得していないようで、自身のTwitterで「正直、もう少し違う代表メンバーになると期待していたよ。元気を出して、アルカセル」とパコ・アルカセルの落選を嘆いている。

今回デル・ボスケが招集したFWはアスレティック・ビルバオのアリツ・アドゥリス、セルタのマヌエル・ノリート、ユヴェントスのモラタ、そしてレアル・マドリードのルーカス・バスケスの4名となっているが、やはり少々寂しいものがある。スペインは前回大会王者として臨むが、パコ・アルカセルが不在の状態でタイトルを守ることはできるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月19日(木)15時33分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。