ここから本文です

八代亜紀、ブルースバンドとロックフェスに出演決定

MusicVoice 5月19日(木)20時10分配信

 歌手の八代亜紀が9月10日、9月11日に岐阜・中津川公園内特設ステージでおこなわれるロックフェス『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016』に伊東ミキオ(Key)率いるブルースバンドと共に初出演する。佐藤タイジ(シアターブルック)がオーガナイザーを務める同イベントに、今作のツアーバンドに中條卓(B / シアターブルック)が参加している縁で出演を決めた。

 八代亜紀は15年10月に寺岡呼人プロデュースによる初のブルースアルバム『哀歌-aiuta-』を発表。佐藤タイジ(シアターブルック)がオーガナイザーを務める同イベントに、今作のツアーバンドに中條卓(B / シアターブルック)が参加している縁もあり、八代としては初の出演を決めた。

 伊東ミキオ(Key)率いるこのバンドには中條のほか、藤井一彦(G / THE GROOVERS)、サンコンJr.(Dr / ウルフルズ)、梅津和時(Sax)と名うてのミュージシャンが並んでいる。

 アルバム『哀歌-aiuta-』の世界をより深く表現するコンサートツアー『八代亜紀 2016 AIUTA presented by 積水ハウス』は、6月20日に大阪・サンケイホールブリーゼで、6月21日に東京・品川プリンスステラボールで開催。

ジャズにブルースそして演歌と、ジャンルを超越したシンガー八代亜紀は、この先どのようなスタイルに挑戦していくのか。

最終更新:5月19日(木)20時10分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。