ここから本文です

ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは/「ジャガー F-PACE」海外試乗レポ

オートックワン 5月19日(木)17時30分配信

「F-PACE」は形を変えた現代のシューティングブレイクだった

知人が「ジャガー XJ-S シューティングブレイク」を持っていたことがあった。

シューティングブレイクとは、スポーツカーやGTなどの速いクルマの後部をステーションワゴンに改造したボディを持つクルマのことで、主にイギリスで小規模なコーチビルダーによってごく限られた数だけが造られていた。アストンマーチンの「DB5」や「DB6」をベースにしたものもあった。

ジャガー新型SUV「F-PACE」画像ギャラリー

名前の由来は、狩猟を行うハンターが撃ち落とした獲物を一刻も早くピックアップするためだと聞いているが、半分は眉唾だろう。そんなに遠くに照準を合わせることがあるとは思えないし、そもそも獲物のピックアップは猟犬の役目だ。

信憑性があるとすれば、猟場に速く駆け付け、獲物が痛まないうちに早く帰宅するために速いクルマが必要になるという説明だろう。実際、日本で最初の初代レンジローバーのオーナーはハンターで、それまで乗っていたランドローバーよりも格段に早く帰宅して獲物をさばくために、わざわざイギリスから個人輸入したレンジローバーに乗っていた。

名前はともかく、シューティングブレイクという存在は大いに魅力的だ。ただ速く走るためだけでなく、速く走る目的を持っているという点が豊かなライフスタイルを想像させるからだ。目的は、もちろん狩猟だけとは限らない。スキーやキャンプなどのアウトドアスポーツだって構わない。別荘への往復だとしても運ぶ荷物は多くなってくる。人間だけが速く移動するのならば、クーペボディのスポーツカーやGTなどで事足りるけれども、道具や荷物が多くなるアクティビティでは、シューティングブレイクのワゴンボディが必要になってくる。

知人が乗っていたXJ-Sシューティングブレイクは圧倒的なパフォーマンスと贅沢なインテリアが魅力的だったが、イギリスのコーチビルダーがごく少数を製造したカスタムカーだから、今から中古車を探そうとしても手に入れるのは不可能に近い。

XJ-Sシューティングブレイクは僕のドリームカーの一台であることは間違いないのだけれども、ジャガーが送り出してきたニューモデル「F-PACE」が、姿形はXJ-Sシューティングブレイクと随分と異なってはいても、内容に於いてはそれとかなり近くて、むしろパフォーマンスや機能では凌駕しているところが多い。

1/4ページ

最終更新:5月19日(木)17時30分

オートックワン