ここから本文です

香川、ディ・マリア、V・ペルシー、チチャリート……マンUの総得点を放出組4人だけで超えていた!

theWORLD(ザ・ワールド) 5月19日(木)19時10分配信

リーグ戦49得点に終わったマンU

今季リーグ戦5位に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、あまりにも得点が少なすぎた。優勝したレスター・シティが68得点稼いでいるのに対し、マンUは49得点と得点力不足だったのは明らかだ。

それに対し、ファン・ハール政権になってから放出された選手たちは好調だ。英『The Sun』は、マンUがファン・ハール政権になって放出した選手の今季リーグ戦での得点数を紹介。昨夏に放出されたレヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデスは17得点、フェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシーは14得点、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアは10得点、そして2014年夏にドルトムント復帰を果たした日本代表MF香川真司が9得点をマークしている。

この4人の得点を合わせるとちょうど50点になり、何とこの4人だけで今季のマンUの総得点を超えてしまった。その他にもフェネルバフチェMFナニが7得点、アーセナルFWダニー・ウェルベックが4得点とマンUにとっては悔やまれる内容となっている。

中でも1番の衝撃はチチャリートことハビエル・エルナンデスで、彼がロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール・エメリク・オバメヤン、トーマス・ミュラーに次ぐ17得点を稼ぎ出すと予想した人がどれだけいただろうか。少なくともファン・ハールは想像していなかったはずだ。

ファン・ハール政権が続く限りこの放出された選手のデータは紹介され、得点力不足の話題も続くだろう。それほど彼ら放出組が今季残したインパクトは大きく、マンUにとっては後悔の残る選択となってしまった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月19日(木)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]